子供が言うこと聞かない!効果的なしつけ【5つのポイント】

子供 言うこと聞かない

子供って可愛いですよね。

でも、

「子供が言うことを聞かない!」

と悩んでる方も多いのではないでしょうか?

0歳~1歳くらいまでは自分の意思も
それほど強くはなくて言葉もまだ
「あーあー」言うだけの子も多いと思います。

この頃はまだ、親も余裕があって、

コーヒーとか飲みながら見てたり
テレビを見ながら様子を見る

ということができますよね。

ですが、

スポンサーリンク

成長するに連れて自己主張

してきますよね?

もうちょっと成長すると一気に
そんなコーヒーとか飲んでる
余裕はなくなります。

僕の子供も現時点で1歳6ヶ月ですが
ものすごく自分を主張してきます。

僕の子供は女の子ですが、
ダンベルを投げたり、棚に登って
窪塚洋介みたいに飛ぼうとしたり・・・(笑)

すぐに叩いてきたりものを投げたり
何を言っても言うことを聞きません。

きっと、多くの方が
子供が言うこと聞かないということで
困り果てていると思います。

めちゃくちゃその気持ちわかります。

ですが、

僕が実践した5つの方法を使って
子供にしつけをしたら比較的
言うことを聞くようになりました。

効果的なしつけ!5つのポイント

これから僕が実践した効果的なしつけを
紹介しますが、尾木ママとかが
なんて言うかはわかりません(笑)

これはあくまでも僕がいろいろと
試行錯誤した結果、効果があった言い方とか
叱り方なので参考にするという形で・・・

そもそも、人の行動を支配するなんて
まず、出来ませんからね。

それでは、どうぞ!

理由を明確にする

子供にただただ、怒鳴っているだけで
叱っている気になっていないでしょうか?

自分が子供だった頃のことを
思い出してみたのですが、

「ダメでしょ!」

と言われると子供の中では

(なんでダメなの?)

というようになってしまいます。

例えば、

夜、遅い時間におもちゃで遊びだした
子供がいたとしましょう。

その子供に対して、

「もう寝なさい!何時だと思ってるの?」

とか言ってもあまり効果がないですよね?

ここで、子供の心にある「なんで?」に
答える効果的な叱り方があります。

まず、なぜ、夜遅くにおもちゃで遊んでは
いけないのかということを伝えます。

パパとママも早く寝て朝早く起きて
仕事をしないとご飯を食べることが
できなくなっちゃうんだよ。

とか、そういったことです。

早く寝ないと眠くて朝早く起きれないよね?

というのも言ってみます。

それを聞いた子供は

「じゃあ、どうすればいいの?」

というような感情を持ちます。

そこで、

おもちゃを片付けて歯を磨いて
お布団に入って寝るんだよって
言えば、子供でも理解できますよね。

ここまで、きたら
あとは行動してもらうために
今すぐおもちゃを片付けようか!

というような提案をしつつ
一緒にやってあげるんです。

これが一番効果的です。

だから、最初に紹介しました。

  • なぜ、そうしないといけないのか
  • それをしないとどうなるのか
  • 具体的にどうすればいいのか
  • そして、行動を促す

というような流れです。

一度、試してみてくださいね!

スポンサーリンク

魂を込めて叱る

洗濯物とか食器を洗ったりしてる時に

「こら!ダメっていってるでしょ!」

と言っていませんか?

毎回毎回、口だけで「こら!」とか
言っても子供は言うことを聞きません。

怒られてるという認識を
していないんだと思います。

ですので、叱るときはやっていることから
一度離れて手を止めてから子供に
真剣に叱りましょう。

目を見て顔の表情を怒ってるんだぞ
という顔にして声のトーンなどにも
気をつけて怒りましょう。

そうすれば、
いつもと違うなっていうことくらい
子供にも伝わります。

これはダメなんだなって認識するように
なってきますので、本当に危険なことを
したりする場合は魂を込めましょうね!

怒るばかりで褒めない

子供のこと褒めてますか?

人間って基本的に大人になっても
褒められると嬉しいですよね?

子供だって同じです。

怒られてばかりで全然、褒めてくれない
って思っているかもしれません。

そうなると子供もヤケになってしまうもんです。

普段から子供が正しいことをしたり
何かに成功したら一緒に喜んであげる、
しっかりと褒めるというのが大切です。

そして、

いけないことをした時などに
真剣に怒れば、その違いは明らかで
子供にも感情が伝わりますよ。

条件をつける

多用すると子供も調子に
乗ってしまうので使うタイミングは
考える必要のあるやり方ですね。

例えば、

子供がご飯中に食べ物を
手で掴んで投げるとか。

僕の娘ですけどね・・・

そのときに

「ご飯投げるんだったら
もうあげないからね!」

「お腹すいたって言っても
後ではないよ!」

とか言います。

そのときは子供も本気とは思わず
どうせ、そうやって言うだけでしょと
思ってしまいます。

ですので、

言ったら必ず実行します。

後からお腹すいたって言っても
絶対にあげてはダメです。

グズグズしてもそこで上げたら
子供も「くれるんだな」と思います。

この方法もかなり効果的で
一度、そういう経験をさせると
そのダメな行為が減ったりやらなくなります。

ぜひ、試してみてください。

子供と競争する

何かやめてほしいことがあった場合、
一緒に競いあったりするのも効果的。

例えば、

僕の場合ですと、せっかくたたんだ
洗濯物を娘がすべて散らかしてきます。

そこで、以前は

「こら!」とか

「せっかく、パパがたたんだのにぃ」とか

言っていましたが、
もちろん、効果はありません。

で、

効果が出た方法がこの競争です。

子供が散らかした服をどちらが早く
元に戻せるか競うのです。

「散らかしたらこうやって元に戻すんだよ」

って僕は言いながら競争しました。

見事、散らかすことはなくなり
今は逆に手伝いがしたいばかりに
なっているので可愛いものです。

5つのポイントを実践

いかがでしたか?

これは僕が何かの本を読んだとか
テレビで見たとかそういったものではなく
実際に試行錯誤して効果のあった方法です。

しかも、現在進行形の方法です。

あまりにも言うことを聞かないから
どうしたらいいんだろうと
常に考えていました。

そこから出てきたやり方です。

この記事をここまで読まれている
ということはきっとあなたも
困っているのではないでしょうか?

今、紹介した5つのポイントを参考に
一度、子供への叱り方を
見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 太もも、いや、股間がかゆい・・ もしやこれは " いんきんたむし " ではないか?…
  2. 首 寝違え 治し方
    朝、起きたときに・・・ 「痛っ!」 ってなる首の寝違え。 一度、寝違えるとその一日…
  3. 赤ちゃん 下痢 続く
    はじめて産んだ赤ちゃん。 何もわからなくて色々と心配に なってしまうことかと思います。 …
  4. ヘアスプレー 最強
    この記事にたどり着いたということは きっと髪型が決まらなくて すぐに崩れてしまったりする 悩み…
  5. 目黒川 花見 2016
    気づけば2月ももう終わりですね。 そろそろ卒業式、卒園式シーズン。 この頃になるとやはり気に…
ページ上部へ戻る