蜂に刺されたら病院?2回目はヤバイ!?危険な蜂の種類はこいつ!

蜂 刺されたら

夏になると蒸し暑くて
何もする気が起きませんよね?

エアコンがないとやってられません。

ところで、夏になると活発になる
虫がたくさんいますが、
その中でも恐ろしいのが蜂ですよね。

そう、ハチです。

基本的にはこちらから何もしなければ
攻撃はしてこないと言われていますが
夏の暑さで蜂もイライラしてるでしょう。

そんな時に蜂さんのイライラ
スイッチを押してしまったら・・・

痛いどころじゃ済まないかもしれません。

よく、2回刺されると命に関わると
言われていますが、それは一部の
蜂だけなのでそこも確認していきましょう!

スポンサーリンク

刺されると危険!この蜂には気をつけろ!

蜂と言っても種類はたくさんです。

ミツバチのように刺されても
なんともない、むしろ可愛いくらいの
蜂もいますよね。

(かわいいと言ってるのは僕だけ?w)

見た目がいかついアシナガバチとかも
ちょっと大きくて怖いです。

さあ、危険な蜂と言えば、
あなたもご存知かもしれませんね。

あの超がつくほどの凶暴で恐ろしい

「スズメバチ」

この蜂にさされると命に
関わると言われています。

なぜ、危険と言われているのでしょうか?

スズメバチが他の蜂と違う点

それは縄張り意識が強く攻撃的である
というところです。

スズメバチにさされて死に至る人間は
年間で30件以上と報告されてます。

スズメバチの中でも特に
危険とされているのが

「オオスズメバチ」
「キイロスズメバチ」

樹液が少しでも出てくる木があれば
そこに近寄るものに対して
威嚇攻撃などを当たり前のようにします。

その攻撃性から事故件数が多いわけです。

他のハチは安全なの?

一方で、ミツバチなどはそこまで
凶暴ではなく、むしろこちらから
攻撃しなければ安全かもしれません。

特にミツバチは一度針を刺すと
自らが死んでしまうために
ほとんど刺すことはありません。

ミツバチの針は抜けにくいような
構造になっているので一度刺すと
抜いた時にミツバチの腸ごと出ます。

なので、ミツバチは生きていられないんです。

だから、ミツバチは滅多に刺すことはなく
ほとんど刺さないまま一生を終えるんですね。

でも、蜂の針には毒が含まれています。

その毒が体内に入ると・・

アナフィラキシーショック

によって死亡してしまうかもしれません。

アナフィラキシーショック。

聞いたことありますか?

アナフィラキシーというのは
アナ(反対)+フィラキシス(防護状態)
つまり、防護状態ではないということ。

調べてみるとアナフィラキシーショックは
全身に渡るアレルギー反応を指しています。

それで、このアレルギー反応を
引き起こす原因となるのが蜂毒と
呼ばれているものです。

蜂毒はの特徴として、体が反応するまでの
時間が短いというのが特徴です。

ほとんどが15分以内に反応するらしく
反応する時間が早ければ早いほど
危険とされています。

反応までの時間が短いと
それだけアナフィラキシーショックを
起こす危険性があるということです。

なんと、反応が出てから心停止まで
わずか15分というデータがあります。

かなり危険ですよね。

スポンサーリンク

2回目はもっと危険!?

蜂に2回刺されると死亡率が上がる
とされていますが、それは毒に含まれる
ヒスタミンという成分が原因とされています。

ヒスタミンはもともと体内に存在していて
蜂に刺されることでさらにヒスタミンが
体内に存在することになります。

つまり、過剰にヒスタミンが分泌されている
ということになりますよね。

この結果、アレルギー反応を引き起こすと
されているんですね。

そもそも、反応から15分で死ぬなんて
病院とか言っている暇はありません。

救急車も早くて3分。

僕も読んだことありますけど、
基本的に5分~7分かかってます。

山なんかで刺されたら絶対に
間に合いませんよね。

刺された時にできる応急処置は?

刺された時の応急処置

  • まずは119番へ通報
  • まずはアナフィラキシーショックを
    起こす危険性があるので
    119番へ連絡をします。

  • その場から離れる
  • 蜂に刺されると毒の匂いで
    仲間が集まって攻撃してくる
    可能性があるのでその場から逃げます。

    刺した=敵

    という公式が成り立つので
    その刺した部分に対して
    集中攻撃をしてきますからね。

  • 針があれば針を抜く
  • ミツバチのように針を残す蜂の場合、
    その針をすぐに取り除きます。

    針をそのままにしておくと
    余計に毒が体内に吸収される
    危険性が高まります。

  • 毒を抜く
  • よく、口で吸って吐くイメージを
    与えられていると思いますが
    指でつまんで絞って絞ります。

    血液ごと出してしまってください。

  • 水で洗い流しながら冷やす
  • 水で洗い流し毒の匂いを和らげながら
    冷やすことで血液の循環を遅らせ
    毒のめぐりをゆっくりさせます。

  • 抗ヒスタミン軟膏などを塗布
  • 抗ヒスタミン軟膏などを用意しているのなら
    すぐに塗った方がいいでしょう。

もし、吐き気がするなど症状があれば
横になり、意識が朦朧(もうろう)とした
状態でも気道を確保できるように顔は横に。

また、血圧低下の可能性もあるので
足を上げ心臓へ血が戻るようにすることで
血圧を上昇に期待できるそうです。

とにかく、刺されたら即、
救急車を読んだほうが無難です。

応急処置はあくまでも応急。

急な対応でしかないので
どんな作業をしていても遊んでいても
上司に怒られている最中でも関係ない。

命を守るためにそのときばかりは

「うっせー!蜂に刺されたんだよ、黙ってろ!」

と言っても何も言われないでしょうね(笑)

笑い事じゃありませんけど・・


夏から秋にかけて蜂は
活発になるのでキャンプとか行く人は
最新の注意を払ってくださいね。

抗ヒスタミン軟膏など蜂に刺された時に
使用する市販の薬とかもあるので
万が一を考えて用意しておくといいですね!

それにしても、なんでスズメバチって
あんな怖い顔してるんだか…

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 卒業旅行 高校生 ディズニー
    あっという間に卒業シーズンが近づいてきましたね。 学校を卒業する高校生は、高校生最後の思い出を作ろ…
  2. プレスクール キンダーガーデン 違い
    お子さんを持たれている方は一度は聞いたことがあるプレスクールとキンダーガーデン。 でも、正直何が違…
  3. クリスマスケーキ 2015 予約
    あっという間に、夏がおわりましたね。 だいぶん、涼しくなって、 今年も残すところあと3か月。…
  4. 鶴舞公園 花見 2016
    なんだか春一番が吹いたり、すっかり春陽気になってきましたね。 梅が開花していたり、今年のお花見情報…
  5. 目 傷 目薬
    景色を見たり夜景を見たり 可愛い子供の笑顔を見たり 美味しそうな食べ物を見たり。 すべては…
ページ上部へ戻る